思春期や若い頃に発症しやすい社会不安障害

社会不安障害は、自意識が芽生える思春期や若い頃に発症することの多い病気。
 防衛本能が過剰な不安を引き起こし、他人が自分をどのように見ているのか気になるので、人前で何かをするときに強い不安や苦痛を感じ、赤面、ふるえ、発汗などの身体症状が現れる。
一人でいるときには難なくできることが、人前ではうまくできない。
そして、次第に人前を避けるようになり、日常生活にも支障を来たす。
症状
社会不安障害にはいろいろな症状がある。
 人前で話すことを恐れる「スピーチ恐怖」、人と対面できない「対人恐怖」、人と一緒に食事ができない「会食恐怖」、人の視線にさらされることを恐れる「視線恐怖」など。
身体症状も、赤面、発汗のほかに、ふるえ、どうきなどさまざま。
治療と予防
有効な薬の登場で、社会不安障害は治せる病気になった。
SSRIという抗うつ薬が治療に使われるようになり、新しい薬物療法が確立している。
精神療法では、認知行動療法が有効。
 社会不安障害の人のなかには、人間関係や社会的場面に対して偏った思い込みがあり、それが対人場面を回避する行動パターンにつながる人がいるが、治療者と共に不安のもととなる偏った思い込みを捉え直し、行動パターンを変えていく。


«おかしいと気づいたら直ぐに救急車 脳梗塞

※PC版でご覧ください。

.

.

_

  • カスタム検索

+

*

.

最近のトラックバック

無料ブログはココログ